So-net無料ブログ作成

画質を上げても、ソフト売上げ向上には繋がらない [ゲームソフト]

 全10巻・5000ページ!

 といった、長大な小説があるとしましょう。

 すっげぇ面白いんですよ! 読んでみればわかります! と小説好きの人たちが力説しても、多くの人は、なかなか手を出さないと思うのね。読み終えるのに40~50時間かかりそうだし、それだれの時間の余裕があるのなら、もっと他に楽しいことができそうだからね。

 最近、大作ゲームが売れなくなっている理由は、つまり、こういうことです。



・テレビを見る
・映画を見る
・他の小説を読む
・マンガを読む
・ネットを楽しむ
・恋人とデートする
・友人と酒を飲む
・美味しいものを食べる
・ショッピングを楽しむ   などなど

 40~50時間を費やすゲームを遊ぶということは、こういった、世の中にある、ありとあらゆる「楽しいこと」をする時間を、40~50時間分、削るということです。

 この小説には、それに見合うだけの楽しさが、ありますか?

 それが明示されないような小説は、そりゃ大衆にヒットするわけがない。世の中には面白いものが、山ほどあるからね。



 グラフィックが凄いよ!
 HD画質ですよ!

 と主張する大作ゲームの売り上げが、さほど大きく伸びないのは、そのためです。

 過去のゲームに比べると、画質がよくなって、つまりレベルアップしているわけですよ。それは間違いない。

 でも、だからといって売上げは伸びないんですよ。

 どうして伸びないんだろう? と疑問に思っている人もいるのかなぁ。そういう人には、逆に質問してみたいです。

 画質が上がると、どうしてゲームの売り上げが伸びると思うの? と。



 だって、HD画質のゲームを楽しめる環境にあるってことは、HD画質のテレビ(モニター)を持っているっちゅうことでしょ? ふだん見ているテレビも、ビデオも、みんなHD画質になるわけですよ。

 てことは、ゲーム以外の「楽しいこと」も、HD画質になったことにより、同じようにレベルアップしますよね。HD画質になって恩恵を受けるのは、ゲームだけじゃないのです。

 熱心なゲームファンは、「凄い画質のゲームが遊べるようになったぜ! よし! いままでよりも、たくさんゲームを遊ぼう!」と思うかもしれません。

 だから、同じように、熱心にテレビを見ている人は、「凄い画質でテレビが楽しめるようになったぜ! よし! いままでよりも、たくさんテレビを見よう!」と、きっと思うわけです。

 モニターがHD画質になっても、ゲームだけが恩恵を受けられるわけじゃない。つまり「他の楽しいことと比較したとき感じられる、ゲームならではの面白さ」は、さほどアップしないんですよ。画質が良くなった! という感動は、ゲーム以外のメディアでも味わえるからね。



 こんな当たり前のことに気付いていない(あるいは気付いていないふりをしている)人が、けっこうたくさんいるんだよなぁ。

 ただ画質を向上させただけでは、それはゲームの品質向上には影響するけど、ゲームの売上げには、さほど貢献しないんですよ。そんなもん、ここ数年のゲームソフトの売上げランキングを見れば、誰でもわかるはずなんだが……。
nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。