So-net無料ブログ作成
検索選択

飲み屋で遊べるゲーム

 Wiiが置いてあるカラオケボックスって、ないんですか?

 と聞かれたことがあります。お酒を飲んで、さあ二次会だ! というようなとき、みんなでWiiが遊べるような場所ってないんですか? という意図の質問である。

 自宅には持ってない。

 でも、みんなが集まったときに、ちょっと遊んでみたい。

 そんな気持ちになっている人が、けっこういたみたいなんだよね。うん、その気持ち、なんか理解できます。



 そういう場所は、たぶんありません。

 と野安は答えてました。「ゲームが遊べること」をサービスの一環にしてしまうと、それは法律に縛られることになるはずだから。よくわかんないけど、たぶん風俗営業法あたりに引っかかるのではないかと思う。

 アメリカとかヨーロッパでは、パブとかにWiiを持ち込んで、お客さんが楽しんでいるんですよ――みたいな光景が報道されたりしたけど、あれと同じことを日本でやるのは、たしか無理なんだよね。法律って面倒くさいですよね。

 日本では、大人になって「みんなで集まる」場所といえば、そりゃあ会社帰りの夜の飲み屋だったりするんだけど、上記の理由により、そういう場所で「ゲームを遊ぶ」という光景は、なかなか成立しなかったのです。



 でもね。携帯ゲーム機だと、これがクリアされちゃうんだな。

 なぜなら、お客さんが、店に自分のマシンを持ち込むことはOKだから。そんなもんを縛る法律はない。

 だから、「モンスターハンターポータブル」を遊ぶための場所! みたいな空間を、店が用意するというキャンペーンはOKだったわけ。店がゲーム機やゲームソフトを提供すると、たぶんアウトだけど、ユーザーが持ち込む分にはかまわないわけです。店は場所を提供してるだけ、というスタンスですからね。



 野安が、3DSに期待しているのは、こんなところだったりします。

 みんなが所有して、みんなが持ち歩く、というコンセプトのゲーム機ですからね。お酒でも飲みながら、みんなでゲームを楽しむ――という形態が、ぜひ日本でも花開いてほしいと思ってるんですよ。

 なので、そういうところで遊べるゲームを、誰か作ってくださいませ。

http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)

nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。