So-net無料ブログ作成

「ニンテンドー3DS体験会」レポートみたいなもの(3) [ゲーム分析]

 まだまだ続きます。体験会レポート(みたいなもの)です。

 この体験会を取材してみて、いちばん強く感じたことをセリフにすると、次のようになります。



 「なにを隠してやがるんだ?」



 ハッキリいいますが、ニンテンドー3DSというマシンは、まだ正体を見せていないでしょう。わかりやすいアピールポイントを、ちょこちょこ、っと提示しただけの段階ではないかと。

 これ、任天堂の、いつものやり方ですね。

 「大っぴらにアピールしてないけど、とくに否定もしていない」みたいなことが、いろいろとあるんです。小さなことならば、野安が知っていることもあります。ここには書かないけど。

 まあ、画面が3Dになったのは、たしかに凄いことなんだけど、それって、このゲーム機において「もっとも大事なこと」ではないのだと思いますよ。



 麻雀でいうならば、迷彩ほどこしてる、みたいな状況ですね。

 国士無双狙ってるくせに、ちゃんと字牌を1~2枚、最初から切り捨てるような打ち筋といいましょうか。「いや、ふつうの手牌なんですよぉ」とポーカーフェイスを続けている。

 なんつーか、怖いよなぁ(笑)。

 いろいろな開発者も、いろいろと気付いているはずなのに、みんなで知らん顔してる。本当に革新的なところは、まだ表面化させていない。

 なんといいますか、「オリエント急行殺人事件」みたいなもんなんですね。



 たぶん、隠されているものの中の何割かは、野安にも想像はついている。

 それらの切り札を、どの段階で、どの順序で切ってくるのか? そこにワクワクしております。

 野安の予想が当たっているならば、ここから10年くらいかけて、「ゲームビジネスにおける情報の流通システム」を変えるつもりなんでしょうね。

 あるいは、「ゲーム機そのものをメディアにしてしまう」のだと言い換えてもいい。テレビや新聞、雑誌などと同じように(いや、厳密には違うんだけどさ)、ゲーム機を、情報を流通させるためのインフラにするということですね。



 たぶん、この推測は当たるよ。

 早い段階から「アジア市場に乗り出す」と公言しているみたいだしね。

 「プラットフォームを売って、そこでコンテンツを販売する」みたいな従来型のビジネスを続けるつもりなら、アジア市場は、もう少し後回しにしてもいいと思う。

 つまり、従来のマスメディアに頼らないネットワークを作り出すつもりなんじゃないかな? そのための布石を打っているっちゅうことですよね? これ、考えすぎかなぁ……。


http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)


nice!(2)  トラックバック(1) 

nice! 2

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。