So-net無料ブログ作成
検索選択

ターミナル駅の3DS体験コーナー [ゲーム分析]

 ターミナル駅に、ニンテンドー3DSの体験コーナー(立体映像を覗き込むコーナー)が登場してきました。

 都内だと、いちばん大規模なのは秋葉原駅構内(48台)かな。あと品川駅構内(14台)、渋谷駅改札外(14台)などに設置されているのを確認しました。



 こういう場があると、つい観察するのが職業病というもの(少し危ない人に見えるかも)。なかなか面白かったです。

 やはりというべきか、女性比率がもっとも高かったのは渋谷でした。もちろん時間帯によって差があるんだろうけど、野安が観察していた時間帯(午後3時くらい)は、女性の方が多かったですね。駅構内じゃないので、じっくり覗いている人も多かったです。

 他にも、大手量販店などには、実機を操作できる体験コーナーも、どんどん増えてきました。金かけてるなぁ。



 体験できる場が増えたことにより、「目が疲れる」という意見も、ときおり散見できるようになりましたが。

 マシンの売れ行きには、あまり影響しないんだろうな、と思ってます。

 ファミコンの頃にも「あんなチカチカしたもん、目が疲れる」と、けっこう多くの人が馬鹿にしていたものですが、やっぱり売れましたからね。世界的に。

 ようするに、慣れちゃうんだよ。人間の目っては、やっぱり凄いです。たいていの人は、あっというまに適応しちゃうんだよね。



 ま、それも当然のことでして。

 数万年~数十万年にわたり、人間(や、その祖先)は「風景」しか見ていなかったわけじゃん。

 でも数千年前から、いきなり「文字」なんてものを発明しちゃったわけですよ。

 それ以降、目の前にある「小さなインクの沁み(だけに限らないけど)」にピントを合わせて、熱心に読む、という行動をとるようになった。これまでとは、まったく違う目の使い方をするようになった。

 でも、人間の目は、すぐさま慣れちゃった。適応しちゃったわけですよ。



 それに比べれば、ゲームの画面が立体になることくらい、たいした変化じゃないと思うよ。

 まあ、くわしいことはわからないけどさ。

 「目が疲れる」という意見があっても、それが普及を阻害する要因にはならないんだろうな、と思っています。



 追記。

 ところで、このブログでは、いつも末尾に野安のTwitterのアドレス(と言うべきなのかな?)が記してありますが。

 フォローしていただいた方には、申し訳ない。

 ほとんど、つぶやいてません。

 「つぶやかない理由」は、それなりにあるのですが、説明すると長くなるので、ご容赦を。

 たぶん2月中旬あたりから、ぽつぽつと、つぶやき始めると思います。



http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。