So-net無料ブログ作成
検索選択

3DS、ふつうに買えるのでは? [ゲーム分析]

 ミラノ在住の人に、ひとつお願いがある。

 「長友のファーストネームは“ユウト”。こういう名前のとき、日本では愛情を込めて“ユウちゃん”と呼ぶんだよ」みたいなこと、ぜひサッカー好きに現地イタリア人に吹き込んでほしいなぁ。

 日本の取材陣が押しかける頃、イタリア人が長友を「ユウちゃん!」と呼んでたりするシーンがあると、けっこう面白い報道ネタになるのではないかと。



 さてゲームの話。

 ニンテンドー3DSって、ちゃんと買えるんですかね? みたいな話を聞くことも多くなってきました。

 うん。初日に必ず入手したい! というほど強く欲していないのであれば、そう遠くないうちに、さほど苦労せずに買えるだろうと、野安は思ってます。

 極度の品薄になることは、あまり想像できないのです。



 というのは、まだキッズ層が動いてないからです。

 体験できるコーナーが、いろいろな場所にあるって、ちょくちょく観察しているんだけど、そこに反応しているのは大人(少なくとも中学生くらいより上)が多いんですよね。

 これは、3DSが、まだキッズ向けのゲームを、あまり前面に押し出していないから。「ポケモン」の「ポ」の字もないわけです。前にも書いたけど、任天堂の新ハード発売時の戦略としては、きわめて珍しい。

 ようするに、最大の武器(キッズ層への絶対的な人気)を、まだ手の内に隠したまま、新ハード発売に踏み切ったということです。



 なので品薄になることは、あまり心配していません。

 ゲーム機(にかぎらず、玩具市場)では、キッズ層が動いたときにこそ、品薄状態が発生します。キッズ層の口コミ効果はすごい。一気になだれ込んできて、需要だけが爆発的に増えるのです。

 まあ、海外市場での売れ行きとか、そういうものに左右される(海外で爆発的に売れたりすると、そっちに回す分が必要になり、結果として日本への供給が減る、という事態もありうる)ので、確定的なことは、なにひとつ言えないんだけどね。



 品薄になるとしたら、むしろ年末じゃないかなぁ。

 秋~年末あたりで、たぶんキッズ向けの人気ソフトをぶつけてくるんだろう、と野安は予想しています。

 ゲーム市場が元気になるのは、そこからが本番だよね。NGPも出てくるし。



http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。