So-net無料ブログ作成

ゲーム業界と孫ビジネス [箸休め]

 長友、ついにインテルでデビューか。すげぇな。

 きっと、いろいろなコマーシャルのオファー、届いてるんだろうなぁ。出世したなぁ。素晴らしいことだなぁ。

 ぜひとも、ゲーム産業もオファーを出しましょうよ。ここはひとつ、「太鼓の達人」あたりで。



 ニンテンドー3DSの発売日が近付いてきました。2月26日です。

 ちなみに、その日は、野安の誕生日でございます。いつのまにか40代半ばへと突入しちゃいます。しかし、この年齢になってなお、「まだ日本人の平均年齢を下げる側」にいたりするんだけどね。

 うむ。少子高齢化社会にも、ほどがあるな。この国は。



 だから、いまの日本で元気なのは「孫ビジネス」ですよね。

 「孫を愛でるように見つめられる対象」に対して、大きなお金が流れます。

 ゴルフの石川遼選手って、そういうビジネスですよね。昨今では「佑ちゃん報道」も、そうですね。

 高齢の方に、「こんな孫がいたらいいなぁ……」と思わせるような存在は、やたらとマスコミで(とりわけテレビで)でクローズアップされるんだよね。たぶん視聴率が計算できるからでしょう。

 いま、テレビってのは、高齢者が見る娯楽だからね。

 日本は、そこまで高齢化社会になったということです。



 だから、テレビゲームも、そろそろ、そういうビジネスに足を踏み込むんだと思います。

 次に発売される「据え置きゲーム機」は、そこを意識したマシンになると思うよ。全世界的に、先進諸国は少子高齢化社会になっているから、そっちに配慮しないマシンは、大衆に受け入れられないからね。

 お年よりも、楽しめる。

 というところから、さらに一歩進んで、「お年寄りが、楽しめる」というところに踏み込んでいくんだと思います。




http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)





nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。