So-net無料ブログ作成
検索選択

ニンテンドー3DS購入(その2) [ゲームハード]

 むー。「すれちがい伝説」が、なかなか進みません。本体内蔵のRPGです。これ、けっこう歯ごたえあるなぁ(笑)。

 「ピース集めの旅」も、まだまだ先が長そうです。

 つまり、もっと「すれ違い通信」しないとダメっちゅうことですね。がんばらねば。



 さて。ニンテンドー3DSを購入したばかりなのに、ちょっと妙なことを書いてしまいますが。

 また1~2年すると、バージョンアップしたマシンが出るでしょう。ニンテンドーDSの発売後に、ニンテンドーDSliteが出たのと同じように。

 だけど、今回は、「性能を上げたバージョン」じゃなくて、むしろ逆に「設定が省略できるバージョン」が出るんじゃないかなぁ、と予想しています。

 ニンテンドーDSiの後に、あえてニンテンドーDSliteを出すような感覚、といえばいいのかな? そういったダウングレード版が出るんじゃなかろうか、と思うんですが、どうだろう?



 これ、とくに変な話じゃない。

 世の中の、あらゆる商品が、そうですもん。あとから「より初心者向けの、簡素な商品」が出るのは、むしろ普通のことです。

 なので、ゲーム機も、そろそろ「発売後に、より簡素化されたバージョンが出てくる」という時代に入るんじゃないかな? と予想しているのです。



 さて。こういったことを書くと、「野安が、現状の3DSに不満の声をあげた!」みたいな形で引用されかねないのが、昨今のネット事情でございます。

 もうさ、いかに「意図的に誤読して、捻じ曲げて引用して、注目を集めるか」みたいなレースになってるからなぁ、最近のネットって。まあ、それはそれで面白いんだけどね(笑)。



 だから、ねんのために書いておく。

 逆だよ。野安は、3DSを最大級に褒めてるんですよ。

 なぜなら、このマシンこそ、ついに「つねに、どんどん進化したマシンが出る」という、ゲーム機の常識を、そろそろ終えてくれそうな気がするからです。



 以前にも書きましたが、野安は「据え置きゲーム機」ですら、いずれ自前の映像表示機能を持つようになると予想しています。

 それはつまり、「画質向上の競争」から脱却するという意味でもあります。HD画質がどうのこうの……といった、馬鹿馬鹿しいレベルの競争には労力を使わなくなっていくだろう、と予想しているのですね。

 いや、そっちの方向に頑張る人も、いてほしいんだけどさ。

 そっち方面の進化ばかりが注目されるのは、とことん間違っていると思うんですよね。



http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。