So-net無料ブログ作成

パイロットウイングス リゾート [ゲームソフト]

 ひさびさの更新です。

 いま、「パイロットウイングス リゾート」を遊んでます。

 「プラチナ」が難関でしたが、どうにか突破。やっとスタッフロールを見ました。その後に出てくる「ダイヤモンド」は、さらに凶悪ですね。

 それにしても、内容といい、ボリュームといい、手軽さといい、これは絶品ですね。素晴らしいゲームでした。



 ゲームって、なぜか減点法で採点されがちです。「ぼくは満足したけど、○○な人には物足りないかも。マイナス5点」みたいな感じで。

 でも、そんなのは「○○な人」が低く評価すればいいだけの話です。「ぼくは満足」したのなら、高く評価すればいいんですよ。

 野安は、「パイロットウイングス リゾート」に、値段分以上の満足を得ました。だから、このゲームには100点満点をつけます。クリエイターの方々に、心から感謝いたします。いいゲームを、ありがとう。



 ここからは、ややマニアックなことを書きます。

 画面が3D表示できるようになった影響は、ただ映像の迫力が上がるだけにとどまりません。「ゲーム内の仕掛け」そのものが、いろいろと変わるのです。「立体だからこそ成立する、挑戦し甲斐のあること」が増えるということです。

 その一例が、今回の「パイロットウイングス」に込められています。



 それが「スピードパネル」。

 これは、一定以上のスピードで激突しないと破壊できない(つまりポイントが得られない)パネルです。これらが、宙に浮いているのですね。

 これは、3Dならではの仕掛けのひとつ。

 なぜなら、スピードというのは、「距離」と「時間」によって決定するものだからです。



「このくらいの距離から、このくらい加速していけば、
 パネル衝突時に時速●キロになるはず!」

 という感覚を、次第にプレイヤーがつかんでいく。そうやって腕を磨くことにより、この仕掛けは攻略できるようになり、実力が上がったことを実感できるわけです。それが心地よいのですね。

 これ、2Dでは成立しにくい「仕掛け」です。

 だって、2Dの画面では、プレイヤーは「対象物との距離」を、感覚的に把握することができないもん。

 2Dの世界では、巨大なモノが遠くにあるのか、小さいものが近くにあるのか、画面を見ただけでは判断できないんですよ。それらは、すべて同じように見えるからです。



 対象物との距離が、ちゃんと体感的に把握できる。

 3D映像ならではの、そんな特性があるからこそ、「一定以上のスピードで突破せよ!」というハードルが、プレイヤーに課されても許されるんです。

 こういうのって、指摘されないと気付きにくいんだけど、けっこう大きな進歩なんですよね。「こういったことが、ゲームの面白さが変遷していくのだ」という視点から見るならば、特筆すべきポイントだったりするんです。



 「3Dならではの、新しい仕掛け」は、まだまだ、たくさんあるのでしょう。

 今後、発売されるゲームの中に、ちょこちょこと仕込まれていくんだと思いますよ。「そういう仕掛け」が、たくさんストックされているからこそ、それを実現するために、3D映像のゲーム機が発売されたわけですし。



http://twitter.com/noyasuyukio もどうぞ)

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。