So-net無料ブログ作成

「ゲーム大国ニッポンの崩壊」 [ゲーム分析]

 AERAの記事を読む。

「ゲーム大国ニッポンの崩壊」という刺激的なタイトル。小島秀夫さんのコメントを軸に構成された、「いま、日本のゲームビジネスってヤバいんだぜ」という方向に決着する記事です。

 うん。この記事は、いろいろと面白い。

 小島さんのコメント自体には、そんなに目新しい部分はない。おおよそ、昨今の家庭用ゲームビジネスの一面を、きちんと説明・解説しています。ゲームに詳しくない記者(ライター?)に、やさしく説明するかのようにして行われたインタビューの現場が、目に浮かんでくるようです。



 面白いのは、そんなインタビューから、「ゲーム大国ニッポンは崩壊している!」という結末へと、うまいこと記事を組み立てていること。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

コミPo! [箸休め]

 最近になって発表された、デジタル・エンタテインメント商品の中では、「コミPo!」に注目しています。

 ひとことでいえば「超初心者向けのマンガ製作用ソフト」ですね。詳しいことは検索してみてください。(公式サイトは http://www.comipo.com/

 うん。これは凄いな。

 これまで長いこと続いてきた、従来型のコンテンツ・ビジネスとは、まるで違った方向への進化ルートが、またひとつ誕生したなぁと。音楽コンテンツでは、ボーカロイドがその先駆者として疾走しているけれど、それがコミックの世界でも実現するのかもしれません。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

ボーカロイドの熱狂は、まだ始まったばかり(2) [箸休め]

 ボーカロイドで曲を作る、という遊びは、まだまだ始まったばかりであり、本格化するのは1~2年後でしょう。その頃には、日本以外の国でも、多くの人がボーカロイドで曲を作り、それを好んで聴く人が出てくるのだろうと予想しています。

 というのが、前回のブログのあらすじです。

 今回は、じゃあ日本で誕生し、一気に花開いたボーカロイド文化ってのは、日本で花開いたからこその面白い現象が起きてるよね――ということを解説してみましょう。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

ボーカロイドの熱狂は、まだ始まったばかり(1) [箸休め]

 テレビゲームの年末商戦が始まるまで、ちょっと間があるので、違うネタを書いておこう。



 えーとですね。昨年末から、何度となく「初音ミクは、2010年の紅白歌合戦に出場するのではないか」と書いてきました。

 さあ、この予想は当たるかな?

 「歌手として出場」しないにしても、ちょっとくらい登場するんじゃいかなぁ、と思っています。それにふさわしい実績は残した。あとはNHKの判断次第ですね。




続きを読む


nice!(0) 

さいたまスタジアムで思ったこと [ゲーム分析]

 まずは報告。

 日経ビジネスオンラインの「デジタルエンタメ天気予報」の原稿を書き終えました。予定通りなら、来週半ばにアップされます。いまは不定期連載になっているため、アップされるタイミングを、こうして告知しておきますね。



 さて本題です。

 先日、日本-アルゼンチンの試合を、さいたまスタジアムで観戦してました。面白い試合でした。日本代表の試合で、「ああ……払ったチケット代、楽々と元をとったな」と思えたのは、ひさしぶりです。

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 

飲み屋で遊べるゲーム

 Wiiが置いてあるカラオケボックスって、ないんですか?

 と聞かれたことがあります。お酒を飲んで、さあ二次会だ! というようなとき、みんなでWiiが遊べるような場所ってないんですか? という意図の質問である。

 自宅には持ってない。

 でも、みんなが集まったときに、ちょっと遊んでみたい。

 そんな気持ちになっている人が、けっこういたみたいなんだよね。うん、その気持ち、なんか理解できます。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(1) 

「デートゲーム」は、いつ作られる?(2) [ゲーム分析]

 ゲームの進化というのは、ようするに環境に適応するための進化だったりします。



 ファミコンの頃は、小学生とか中学生とか、年齢が若い人たちがメインターゲットでした。「お金はないけど、時間はある」人たちです。なので、じっくりと時間をかけて遊べるゲームが喜ばれました。

 だから、いまでも「ポケットモンスター」とか、小さな子供が遊べるよう配慮されたゲームは、プレイ時間を長めに設定した上で、ゲームそのものを設計しているわけですね。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

「デートゲーム」は、いつ作られる? [ゲーム分析]

 野安は、映画に対して、ひとつのポリシーを持ってます。

 映画たるもの、基本的には「デートムービーであるべきだ」と思っているのです。(さもなければ「ファミリームービーであるべきだ」と思ってます)

 カップルで観に行って、観終わったあとに、あーだこーだと感想を述べ合えるような映画こそが、素晴らしい映画だと思っている、ということです。(あるいは家族で観にいった後に、親子でいろいろな会話ができる作品が素晴らしいと思うのです)




続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

任天堂カンファレンスを終えて(2) [ゲーム分析]

 任天堂カンファレンスについて、もう少し感想を。



 とりあえず、3DSが「面白いゲーム機だ」ということは、わかりました。

 ただ、プロモーション映像を見ても、その面白さは伝わらないのが、本当に残念です。そんな中、もっとも優れたデモ映像は、たぶん3DS版の「ラブプラス」のムービーでしょう。マシン性能のデモンストレーションみたいになっていて、なんか素敵です。ネットを探して、チェックしてみるといいかと。

 と思ってニコニコ動画をチェックしてみたら、おいおい、みんなで同じ動画をアップしすぎ。困ったものだ。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

任天堂カンファレンスを終えて(1) [ゲーム分析]

 取材してみての、素朴な感想。

 あー面白かった!

 野安は10タイトルほど体験しました。ゲームの中身については、さまざまなメディアで報じられていると思うので、ここで説明することはやめておきます。というか「3D映像のゲームの面白さ」なんか、言葉で説明できないんだってば! 「ARゲームズ」の凄さなんか、いくら文章で書いたって伝わらないんだってば! とんでもなく凄いんだけどね。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。