So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム分析 ブログトップ
前の10件 | -

3DSを持って、スタジアムへ! [ゲーム分析]

 ニンテンドー3DSは、ごく普通にショップで見かけるようになりました。つねに売っているわけじゃないけど、延々と「品切れ」が続いているわけでもない、みたいな感じです。都内の話ですが。

 しばらくは、そんなに品薄にならないんじゃないかな?

 こまめにショップを覗いてみれば、あっけなく買えたりすると思う。ぜんぜん買えないじゃないか! という事態は、たぶん発生しないと予想します。

(品薄を予想して、転売で儲けようとした人は、たぶん労力を無駄にしたのでしょう)



 さて。週末からJリーグが開幕します。野安は、頻繁にスタジアムに出没する日々をスタートさせます。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

3DSの「すれちがい伝説」とか [ゲーム分析]

 野安のニンテンドー3DSの現状ですが。

 すれちがい通信で出会ったのは、ただいま30人。内蔵RPG「すれちがい伝説」は、やっと「ゆううつの洞窟 西」まで進みました。

 いやあ、たとえソフトがなくても、おもいきり楽しいなぁ。このゲーム機は。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

テレビを使わない据え置きゲーム機 [ゲーム分析]

 断言しておきましょう。

 将来、据え置きゲーム機は、「自前の映像表示機能」を持つようになります。

 “テレビに接続しなければ、画面を表示できない”

 という従来のゲーム機の映像表示システムは、どこかで終焉することになる、ということです。

 こちらの連載(http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110223/218576/)でも、書いておいたので、興味のある方は、ぜひどうぞ。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

中東とか逆転検事とか [ゲーム分析]

 中東あたりで、いろんな動きが起きています。

 まあ、なんといいますか、アメリカが民主党政権のときには世界中に政変の火種が捲かれて、共和党政権になると、その火消しとして局地的なドンパチが起きる、というルーティーン通りに、世界はまわっているのだなぁと。

 あと、フェースブックなどが市民運動の原動力になった! みたいな報道もありますが、そんなもん、野安は信じてません。ネットがあろうがなかろうが、どんな時代だろうが、政変につながるような政治運動ってのは起きるもんです。それは歴史が証明している。

 今回は、運動が盛り上がったタイミングに、ちょうどネットというツールが存在しただけのことですよね。



 という世間話は、さておいて、ゲームの話です。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

3DS、ふつうに買えるのでは? [ゲーム分析]

 ミラノ在住の人に、ひとつお願いがある。

 「長友のファーストネームは“ユウト”。こういう名前のとき、日本では愛情を込めて“ユウちゃん”と呼ぶんだよ」みたいなこと、ぜひサッカー好きに現地イタリア人に吹き込んでほしいなぁ。

 日本の取材陣が押しかける頃、イタリア人が長友を「ユウちゃん!」と呼んでたりするシーンがあると、けっこう面白い報道ネタになるのではないかと。



 さてゲームの話。

 ニンテンドー3DSって、ちゃんと買えるんですかね? みたいな話を聞くことも多くなってきました。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

ターミナル駅の3DS体験コーナー [ゲーム分析]

 ターミナル駅に、ニンテンドー3DSの体験コーナー(立体映像を覗き込むコーナー)が登場してきました。

 都内だと、いちばん大規模なのは秋葉原駅構内(48台)かな。あと品川駅構内(14台)、渋谷駅改札外(14台)などに設置されているのを確認しました。



 こういう場があると、つい観察するのが職業病というもの(少し危ない人に見えるかも)。なかなか面白かったです。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

「佑ちゃん報道」と「スマートフォン」 [ゲーム分析]

 長友すげぇ。インテル移籍か。

 こっちの「佑ちゃん」(長友佑都)は、一気に世界に駆け上がっちまいました。嘘みたいな話だなぁ。

 つまり、日本代表のレギュラークラスともなると、当たり前のように、海外の一流クラブが目を付けるレベルだ! と認識されるようになったわけですよね。すごい時代になったものです。



 さて。これはテレビゲーム産業にも関係のある話なんだけど。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

「NGP」は、スマートフォンのライバルではない [ゲーム分析]

 アジアカップ、面白かったなぁ。

 深夜スタートで、延長戦に突入して、そもそもBSでも放送されているというのに、決勝戦の地上波の視聴率が30%を越えるってのは、ちょっと凄いかも。

 2007年のアジアカップ、野安は現地(ベトナム)で生観戦しているのですが、そのときは、「そんな大会に行くなんて、物好きですね」みたいに言われたものです。なんか隔世の感がありますね。

 「アジアカップって、すげぇ面白いじゃん!」

 ということが、多くの人に伝わってくれて、なんか嬉しいなぁ。現地で見ると、もっと面白いよ。あのドメスティックな空気は、ある意味、ワールドカップより楽しいです。



 さて「NGP(仮)」の話です。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

Next Generation Portable [ゲーム分析]

 PSPの後継機が発表されました。

 コードネームは「Next Generation Portable」。

 こりゃあ、モンスター・マシンだな。

 ひさしぶりに、ドキドキするゲーム機です。いい意味で「開き直っている」ところが凄い。なるほど、ソニーは「攻め」の姿勢になったときほど、魅力的だ。

 とりわけ、裏側にタッチパネルがあるところが、なんかセクシーで素敵。

 これ、値段次第では、日本で、けっこう売れるんじゃないかな。ソフトが見えてこないと、わからないけど。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

「モノ作り」を教えるビジネス [ゲーム分析]

 アジアカップ面白すぎ。

 我が家では、ザッケローニ監督の眼鏡に注目してます。あれって、サイクロップス(X-MENのキャラです)が装着しているサンバイザーみたいなもんだよね。きっと。

 試合開始時は眼鏡をかけている。だけど、いつも途中で外してしまう。試合がドラマチックになっていくのは、毎回、そのあたりからです。

 ザッケローニの目からは、たぶん「試合をドラマチックにする光線」みたいなものが放出されてるんだと思う。

 決勝戦は、ぜひとも「最後まで眼鏡をかけたまま」の展開を希望したいものですが、その一方、やっぱり眼鏡を外すような試合になってほしい、と願っている自分もいます。



 さて。今日は、ひさしぶりに「モノ作り」の話。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - ゲーム分析 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。